メタボリック・糖尿病・高脂血症・高血圧・動脈硬化・甲状腺・循環器疾患が心配な方は、静岡県富士市にある小松クリニック 静岡県富士宮市にある吉見内科クリニック
医療法人社団 青葉会 小松クリニック
トップページ 当院のご案内 診療内容(糖尿病) 診療内容 健康診断 スタッフ紹介 Q&A
Q&A
Q メタボリックシンドロームって何ですか?
A 腹部肥満(男性85p以上・女性90p以上)に加え、高血圧(収縮期血圧130mmHg以上か拡張期血圧85mmHg以上)、高脂血症(中性脂肪150mg/dl以上かHDLコレステロール40mg/dl未満)、空腹時血糖値(110mg/dl以上)を併せ持っている状態のことをメタボリックシンドロームと言います。 死の四重奏とも言われ、一つ一つの症状は軽くても、動脈硬化に急速に進行します。
Q 糖尿病になりやすい人はどんな人ですか?
A 糖尿病は、糖尿病になりやすい体質に生活習慣の要因が加わり発症すると言われます。
親・兄弟・祖父母が糖尿病の方で食べ過ぎ、運動不足、肥満、喫煙、ストレスなどの生活習慣がある方は糖尿病になりやすい人と言えるでしょう。
Q 血糖が高いと言われましたが。何も自覚症状がないので様子をみてもいいですか?
A 糖尿病は血糖がかなり高くなっても目立った症状は現れません。サイレントキラーと言われる所以です。
合併症が進行して、初めて自覚症状に気付くことも少なくないのです。糖尿病は早期発見・早期治療が重要です。たとえ自覚症状がなくとも検診で、「糖尿病の疑いがあり」と言われたら、診断治療を受けましょう。
Q 糖尿病の自覚症状はどのようなものですか?
A ・尿検査で尿糖が+になる
・尿の回数が増える
・尿の量が増える
・のどが乾く
・水分の摂取が増える
・体重が減少する
・疲れやすくなる
・夜寝ているとこむら返りが起こる
・手足がしびれる
Q HbA1c(ヘモグロビン・エー・ワン・シー)って何ですか?
A HbAl1cとは過去1〜2か月の血糖値の平均です。
HbA1cが6.5%を超えると合併症になる危険性が高くなります。
Q 運動してもやせないので、やらなくても同じではないですか?
A 運動には体重が減らなくても様々な効果があります。
・血糖値が下がる
・インスリンの働きがよくなる
・血圧が下がる
・肥満の予防
・筋萎縮や骨粗鬆症の予防
・心肺機能が強くなる
・ストレス解消

すぐに体重が減少しなくても様々な効果があります。
少なくとも週3回は運動しましょう。
PAGE TOP
Copyright (C) 2007 KOMATSU CLINIC. All Rights Reserved.