論文・学会・講演会ACADEMIC INFO

論文

Effects of One-Stage Full-Mouth Scaling and Root Planing with Azithromycin on Diabetes and Periodontal Disease:
A Randomized Controlled Trial
Antibiotics 2022, 11(9), 1266

ペマフィブラートによる2型糖尿病合併 高トリグリセリド血症患者の血清FGF 21に対する影響
Progress in Medicine 2021, 41(10): 1009-1013

ペマフィブラートが2型糖尿病合併高トリグリセリド血症患者のsmall dence-LDLコレステロールに及ぼす影響
Progress in Medicine 2020, 40(8): 867-872

2型糖尿病患者における朝食前空腹時の血漿グルカゴンとインスリン抵抗性, インクレチン, 糸球体濾過量との関連性の検討
Progress in Medicine 2017, 37(9): 1099-1103

経口糖尿病治療薬の多剤併用患者におけるSCLT2阻害薬トホグリフロジンの有効性および安全性
Progress in Medicine 2016, 36(9): 1285‐1289

非家族性高コレステロール血症を合併する2型糖尿病に対するスタチンやエゼチミブ治療における血清proprotein convertase subtilisin/kexin type 9 (PCSK9) の脂質代謝への影響の解析
Progress in Medicine 2016, 36(8): 1095-1100

1日1国内服型dipeptidyl peptidase-4阻害薬から1日2回朝夕内服するビルダグリプチンヘの切り替えによる糖尿病改善効果の検討
Progress in Medicine 2015, 35(9): 1507-1513

血中脂肪酸濃度とアログリプチン投与によるHbA1c変化率との相関の検討
Progress in Medicine 2014, 34(10): 1845-1850

DPP-4阻害薬アログリプチンによる血糖改善効果に影響を与える患者背景因子の検討
Progress in Medicine 2014, 34(4): 767-772

2型糖尿病合併症高コレステロール血症患者に対するエゼチミブの臨床効果
Progress in Medicine 2013, 33(2): 321-325

サルポグレラート塩酸塩により血糖改善が認められた2型糖尿病合併閉塞性動脈硬化患者
Angiology Frontier 2012, 11(3): 246-249

ミグリトール追加・切り替え投与による2型糖尿患者の治療効果―血糖マーカーおよび尿中微量アルブミン排泄量の推移-
Diabetes Frontier 2012, 23(3): 351-354

シタグリプチンによるHbA1c改善効果に影響を与える患者背景因子の検討
Progress in Medicine 2011, 31(11): 2705-2710

糖尿病患者におけるピオグリタゾンの脂質代謝に対する影響の検討
Progress in Medicine 2010, 30(8): 2223-2227

2型糖尿病合併高コレステロール血症患者に対するエゼチミブの使用経験
Diabetes Frontier 2010, 21(3): 361-366

糖尿病における血中アディポネクチン, 炎症性マーカーに対するピオグリタゾン, グリメピリドおよびメトホルミンの効果(12ヵ月間投与)
Progress in Medicine 2007, 27(12): 2959-2966

糖尿病における動脈硬化へのアプローチ
富士市立中央病院学術雑誌 2006, 21: 10-13

2型糖尿病患者に対するSU薬とピオグリタゾンとの併用療法-SU薬減量効果の検討-
Progress in Medicine 2005, 25(10): 2668-2673

インスリン抵抗性改善作用を有する各種経口血糖降下薬の血中アディポネクチンに及ぼす影響
Progress in Medicine 2003, 23(11): 3033-3037

Proposed active site domain in estrogen sulfotransferase as determined by mutational analysis
Proc. Natl. Acad. Sci. USA 1995, 92(12) 12329-12332

The 3' -terminal exon of the family of steroid and phenol sulfotransferase genes is spliced at the N-terminal glycine of the universally conserved GXXGXXK motif that forms the sulfonate donor binding site
Proc. Natl. Acad. Sci. USA 1995, 92(8) 8176-8179

Adrenocortical pregnenolone binding activity resides with estrogen sulfotransferase
Endocrinology 1995, 136(1) 361-364

Structural and Functional Characterization of Estrogen Sulfotransferase Isoforms: Distinct Catalytic and High Affinity Binding Activities.
Molecular Endocrinology 1994, 8(12) 1627–1635

A P-Loop-Related Motif (GxxGxxK) Highly Conserved in Sulfotransferases Is Required for Binding the Activated Sulfate Donor
Biochemical and biophysical research communications 1994, 204(3) 1178-1185

Cloning and Sequence Analysis of the 5′-Flanking Region of the Estrogen Sulfotransferase Gene: Steroid Response Elements and Cell-Specific Nuclear DNA-Binding Proteins
Biochemical and biophysical research communications 1993, 194(3) 1297-1304

Increased level of atrial natriuretic peptide messenger RNA in the hypothalamus and brainstem of spontaneously hypertensive rats.
Journal of hypertension 1992, 10(1) 17-23

Quantitative evaluation of ANP mRNA in rat central nervous system using ribonuclease protection assay
Ther. Res. 1992, 13(1) 325-332

学会・講演会

2022年11月 小松: 富士市糖尿病ネットワーク運営委員会主催講演会にて「ぜひ知って欲しい糖尿病のお話」を講演
2022年5月 小松: 第65回日本糖尿病学会年次学術集会にて「中等症以上の歯周病合併糖尿病患者における従来口腔ケアと強化療法(フルマウスロ腔ケアプラスアジスロマイシン)介入の比較検討」
2021年11月 小松: 富士市糖尿病ネットワーク運営委員会主催講演会にて「知っているようで知らない糖尿病のお話」を講演
2021年3月 小松: 2020年度歯科衛生士生涯学習研修会にて「歯周病と糖尿病の関連」について講演
2020年7月 小松: 第52回日本動脈硬化学会総会・学術集会にて「ペマフイプラートの血清FGF21に対する影響」を発表
2020年1月 小松: 富士市糖尿病ネットワーク運営委員会主催講演会にて「知ってるようで知らない糖尿病の真実」を講演
2019年12月 小松: 「歯周病糖尿病医科歯科連携請演会」にて「糖尿病の予防と重症化予防」を講演
2019年12月 小松: 第7回富士市薬剤師会生涯教育講座にて「糖尿病性腎臓病(DKD)の治療マネジメント~DMネットワークも含めて」を講義
2019年11月 小松: 富士市地区健康講演会にて「フレイル予防を考える」を講演
2019年7月 小松: 第51回日本動脈硬化学会総会・学術集会にて「ペマフィブラートの血清small.dence‐LDLコレステロールに対する影響」を発表
2019年5月 小松: 第62回日本糖尿病学会年次学術集会にて「高中性脂肪血症合併2型糖尿病患者におけるペマフィブラートの有効性と安全性の検討」を発表
2019年4月 小松: 糖尿病オンラインセミナー「超高齢社会におけるWeekly DPP-4阻害薬の果たす役割~当院での外来・在宅患者の使用経験を含めて~を講演
2018年5月 小松: 第61回日本糖尿病学会年次学術集会にて「CKD合併2型糖尿病の骨量・骨質・骨代謝マーカーの検討(第2報)を発表
2018年3月 小松: 平成29年度伊豆の国市保健委員第6回研修会にて「糖尿病の予防について」講演
2018年1月 西山: 市民向けセミナーにて「歯周病と糖尿病の相互作用」~全身管理と、口腔・栄養の関係~を講演
2017年11月 小松: 第10回富士・富士宮インクレチン研究会にて「Weekly DPP-4阻害薬への期待」~当院における使用経験を含めて~を講演
2017年7月 小松: 平成29年度健康ふじ推進地区講演会にて「知って安心!糖尿病~初期の「自覚症状なし」が落とし穴~」を講演
2017年5月 小松: 第60回日本糖尿病学会年次学術集会にて「CKD合併糖尿病における骨量及び骨代謝マーカーの検討」を口演
2017年4月 西山: 第90回日本内分泌学会学術総会にて「2型糖尿病における朝食前空腹時の血漿グルカゴンと血糖、インスリン、インクレチンとの関連性の検討」を発表
2017年4月 西山: 富士糖尿病WEB講演会にて「Weekly DPP-4阻害薬への期待~当院の使用経験を含めて~」を講演
2017年2月 小松: 糖尿病対策医科歯科連携事業医療関係者向け講習会にて「歯周病・糖尿病講演会」にて講演
2016年10月 小松: デベルザWebカンファレンスにて「SGLT2阻害薬の臨床経験と最適な患者像を考える」を講演
2016年9月 小松: 平成28年度静岡県健康サポート薬局推進事業「地域健康課題等研修会」にて「糖尿病とその予防」を講義
2016年7月 小松: 静岡臨床講座(ノボノルディスクファーマ株式会社)にて「リラグルチド投与によって著効を示した症例の検討」を講演
2016年5月 小松: 第59回日本糖尿病年次学術集会にて「SGLT2阻害薬トホグリフロジンの有効性と各種マーカーに及ぼす影響」を発表
2015年12月 西山: 第89回日本内分泌学会学術総会にて「2型糖尿病における脂質異常改善薬による血中proprotein convertase subtilisin/kexin type9(pcsk9)の変動と血清脂質との関連性の検討」を発表
2015年12月 小松: 静岡県歯科医師会糖尿病歯周病医科歯科連携委員会「糖尿病歯周病の関連について」講演
2015年10月 小松: Insulin Seminar にて「グランギン リリーの臨床使用経験」を講演
2015年7月 西山: Shizuoka Cardio-Lipidology にて「2型糖尿病の脂質異常症治療における血中PCSK9測定の意義」を講演
2015年5月 小松: SGLT2 Summit in Shizuoka にて「当院におけるトホグリフロジンの使用経験」を講演
2015年5月 小松: 第58回日本糖尿病学会年次学術集会にて「1日1回投与DPP-4阻害薬からビルダグリプチン(2回投与)への切り替え後の治療効果を発表
2015年4月 小松: 沼津内科医学会学術講演会にて「SGLT2阻害薬トホグリフロジンの使用経験」を講演
2015年3月 西山: 第88回「日本内分泌学会学術集会」にて1日1回内服型DPP4阻害薬からビルダグリプチンへの変更による血糖改善効果の検討を発表
2014年9月 小松: SBSラジオ糖尿病予防キャンペーンにて2型糖尿病の予防及び罹患時の食生活・運動面での留意点を放送
2014年8月 小松: 田方医師会学術講演会にて「2型糖尿病患者さんにおける各種糖尿病治療薬の使用経験」を講演
2014年5月 小松: 静岡県立総合病院臨床医学研究センター設立記念研究発表会にて「DPP4阻害薬の血糖改善効果に影響を与える患者背景因子の検討」を発表
2014年4月 小松: 第57回日本糖尿病学会年次学術集会にて「高LDLコレステロール血症合併2型糖尿病の血中PCSK9濃度の変動を口演
2014年4月 小松: 清水医師会学術講演会にて「2型糖尿病患者さんにおける各種DPP-4阻害薬の使用経験」を講演
2013年10月 西山: 第87回日本内分泌学会学術総会にて「DPP4阻害薬アログリプチンの血糖改善効果を予測する空腹時C-peptideとHOMA2-IRの有用性」を口演
2013年9月 小松: 伊東医師会学術講演会にて「2型糖尿病患者さんにおけるDPP-4阻害薬の使用経験」を講演
2013年8月 小松: 岐阜 高脂血症座談会~地域毎の血中脂肪酸濃度の相違について考える~にて「血中脂肪酸濃度とアログリプチン投与によるHbA1c変化率との相関の検討」をレクチャー
2013年8月 西山: テネリア錠発売1周年記念学術講演会にて「DPP-4阻害薬によるHbA1c改善効果に影響を与える患者背景因子の検討」を講演
2013年5月 小松: 岳南地区高齢者糖尿病を考える会にて「グラクティブの使用経験-高齢者と非高齢者に分けて-」を講演
2013年4月 小松: 第56回 日本糖尿病学会年次学術集会にて「血中脂肪酸濃度とアログリプチン投与によるHbA1c変化率との相関の検討」を口演
2013年2月 西山: 第86回 日本内分泌学会学術総会にて「2型糖尿病患者に対するアログリプチン投与による血糖改善効果の検討」を口演
2013年1月 小松: 第22回 東部生活習慣病研究会にて「2型糖尿病患者におけるDPP4阻害薬の使用経験」を講演
2012年11月 小松: 日本糖尿病協会 歯科医師登録医認定講習会にて「よりよい医療連携についてー歯周病と糖尿病ー」を講演
2012年10月 小松: 「糖尿病治療研究会」にて「経口糖尿病治療薬の現状」を講演
2012年9月 西山: 平成24年度岐阜県生涯教育研修会にて「2型糖尿病に対する経口血糖降下薬の使い方」~DPP4阻害薬の使用経験を中心に~を講演
2012年7月 小松: 「シュアポスト発売1周年記念講演会in静岡」にて「シュアポストのプロファイル(pre-SU剤としての期待)」を講演
2012年6月 小松: 「実地診療における糖尿病治療を考える」にて「当院2型糖尿病患者におけるアログリプチン投与の治療効果」を発表
2012年6月 小松: 静岡県東部糖尿病カンファレンスにて「DPP-4阻害薬の使用経験」を講演
2012年3月 小松: 第55回 日本糖尿病学会年次学術集会にて「当院2型糖尿病におけるアログリプチン投与の治療効果」を口演
2011年9月 西山: アンプラーグ学術講演会にて「当院糖尿病患者におけるアンプラーグの使用経験」を講演
2011年9月 小松: 富士市歯科医師会にて「糖尿病と歯周病」を講演
2011年6月 小松: ネシーナ発売1周年記念講演会にて「当院におけるアログリプチンの使用経験」を講演
2011年5月 小松: 第2回 静岡県糖尿病治療Update研究会にて「グラクティブの使用経験130例の解析結果」を講演
2011年5月 西山: 第2回 静岡糖尿病展開治療研究会にて「当院におけるDPP-4inhibitorの臨床成績」を講演
2011年5月 小松: 第54回 日本糖尿病学会年次学術集会にて「シタグリプチンによる2型糖尿病患者の治療効果ー血糖マーカー及び尿中微量アルブミン排泄量(UAE)の推移ーを発表
2011年5月 小池: 第54回 日本糖尿病学会年次学術集会にて「シタグリプチンとグリメピリド併用によりHbA1cが改善した1症例の検討」を発表
2010年11月 小松: 第1回 富士・富士宮インクレチン研究会にて「当院におけるシタグリプチン錠の使用経験」を講演
2010年5月 小松: 第53回 日本糖尿病学会年次学術集会にて「ミグリトール追加・切替投与による2型糖尿病患者の治療効果-血糖マーカー及び尿中微量アルブミン排泄量の推移-」を発表
2010年2月 小松: 三島市医師会内科部会学術講演会にて「2型糖尿病を合併した高コレステロール血症に対するエゼミチブの臨床的有用性の検討」を講演
2009年12月 小松: 三島市医師会外科系医会にて「新しい糖尿病治療」を講演
2009年5月 西山: 第52回 日本糖尿病学会年次学術集会にて「2型糖尿病を合併した高コレステロール血症に対する小腸コレステロールトランスポーター阻害薬エゼチミブの臨床的有用性の検討
2009年5月 小松: 第52回 日本糖尿病学会年次学術集会にて「高コレステロール血症合併2型糖尿病患者に対するピオグリタゾンとスタチン系脂質低下薬の併用によるHDL-Cの検討
2009年4月 小松: 第40回 京都糖尿病談話会にて「2型糖尿病を合併した高コレステロール血症に対するエゼチミブの臨床的有用性の検討」
2009年1月 小松: 学術講演会 富士食後高血糖フォーラムにて「2型糖尿病患者におけるセイブル投与における治療効果の検討」を講演
2008年8月 小松: 「浜松南東地区開業医の会」にて「エゼチミブの使用経験」を講演
2008年7月 小松: 第17回静岡県東・中部臨床糖尿病研究会にて「2型糖尿病における高コレステロール血症の治療・エゼミチブの使用経験」講演
2008年5月 小松: 第51回日本糖尿病学会年次学術集会にて「高コレステロール血症合併2型糖尿病患者に対するPitavastatin投与の臨床的意義」発表
2008年5月 平田NS.: 第51回日本糖尿病学会年次学術集会にて「糖尿病患者足チェックシートの集計結果について」発表
2008年4月 小松: 第3回富士・富士宮DM-Stroke研究会にて「糖尿病の治療戦略~糖尿病治療ガイドの改訂内容について~」
2008年3月 平田NS.: 第12回「糖尿病トリオパチー研究会」にて「糖尿病患者足チェックシートの集計結果について」
2008年3月 小松: 第2回「東海糖尿病看護スキルアップセミナー」にて「開業医の目から見たCDEに求められる看護師の役割」を教育講演
2008年2月 小松: 第39回「糖尿病性血管障害を語る会」にて「糖尿病患者における血管炎症マーカーについて~PTX3,hs-CRP,resistin濃度の測定結果から~」を発表
2008年2月 小松: 第12回東部生活習慣病研究会にて「糖尿病における血中アディポネクチン及び炎症性マーカーについて」発表
2008年1月 小松: 学術講演会「アクトスミーティング」にて特別講演
2007年11月 小松: 学術講演会「糖尿病患者におけるリバロ錠の使用経験」発表
2007年11月 小松: 学術講演会「日本人における大規模臨床試験・血圧管理について」発表
2007年10月 平田NS.: 東部糖尿病合併症カンファレンス2007にて 「糖尿病患者足チェックシート集計結果について」を発表
2007年8月 小松: アクトスEX-Meetingにて「SU薬 増量から減量の時代へ」講演
2007年7月 小松: 第6回東総糖尿病フォーラムにて「各種インスリン抵抗性改善薬の血中アディポネクチン分画及びレジスチン濃度への影響」を発表
2007年5月 小松: 第50回日本糖尿病学会年次学術集会にて「各種インスリン抵抗性改善薬の血中アディポネクチン分画及びレジスチン濃度への影響」を発表
2007年5月 西山: 「脳梗塞発症糖尿病患者における炎症性マーカーPTX3の血中濃度の測定」を発表
2007年3月 小松: 新富士病院医局にて「糖尿病治療の現状について」を講演
2007年2月 小松: 第20回静岡糖尿病懇話会にて「ピオグリタゾン投与中2型糖尿病患者における塩分制限に関する検討」を講演
© 2022 Aobakai